文字だけのブログ

文字だけしか使いたくない時に使うブログ

コロナウィルスの簡易検査を流通させるべきか?

 Twitterを見ていますと、「コロナウィルスの検査(PCR検査)をもっと沢山するべきだー!国民の不安の声に応えよー!」という意見(主に市民派)と、「検査をしても治療方針が変わるわけではないのだから、医療体制の保持の為、軽症なら検査はしないべき」という意見(主に医療者や厚生省)が、戦っております。

 

 私は、前者の気持ちもわかりますが、後者の意見に従った方が、社会としては平和になる可能性が高いと思っています。それは先日も言ったように、軽症の人が病院や検査機関に殺到したら、そこでコロナウィルスが広まっていく可能性が高いからです。ただ、その「軽症の人はなるべく自宅待機を」という理論のデメリットがあるとすれば、インフルエンザの治療が遅れることでしょうか。

 

 コロナウィルスと同じように、インフルエンザも肺炎になります。高齢者や持病のある方がそうなりやすいし、死亡者も出ます。そして、インフルエンザには劇的な効果ではないにしろ、治療薬があります。そのため、コロナウィルスによって受診を控えたが故に、実はインフルエンザの方でリスクが高い層に、初期に治療を施せなくなるのはデメリットと思います。

 

 ただ、それらのデメリットを踏まえても、今のコロナウィルスパニックになりかけてる社会をみれば、やはり軽症の方は受診を控える方針のほうが(社会全体としては)最大幸福だとは思います。しかし、個々人の気持ちを思えば、社会の最大幸福を求める気持ちよりも、自分にとっての最大幸福を追求したくなる気持ちは、あるものとして考えてしょうがないかもしれません。これは自己犠牲の精神とか、モラルの問題もあります。

 

 ただ、「自宅で簡単にできる検査キットができればよいのでは?」と思いますよね。現在病院などで行っているインフルエンザの簡易検査は、鼻につっこんで、液を垂らすだけなので、説明書を見れば、たぶん医療者じゃなくてもやれます。それらを市販することで、インフルエンザであることを早期に診断して、高齢者やリスクが高い人は早期に病院に受診できるようにするのはメリットがあるのではないでしょうか。

 

 それを言うなら「コロナウィルスの簡易検査キットを早く流布すべき」とも思うかもしれませんが、現在の研究室でやるようなPCR検査ですら100パーセント正確ではなく、偽陰性(本当はウィルスがついているけど、検査では出てこない)ことが多々ありますので、簡易キットならばもっとそういうことが出るでしょう。そうなると、仮に「コロナウィルスだったら仕事を休もう」とかそういう気持ちだった方が、実は罹患しているのに、簡易検査で陰性がでたので、これで安心と思って社会を歩き回る可能性があります。そうなってしまうリスクがありますので、やはり、そもそも調子が悪い方はやはり休むしかない、というのが今の結論だと思います。

 

 ただ、仮にそう言う検査キットが実装されたとしたら、「陽性と出た人が、普段以上に気を付けるだろうメリット」はあると思います。医師や医療者の意見では、「陽性であろうと陰性であろうと、最大限の伝染さない努力をすべきなので、検査をしてもかわらない」というものがありますでしょうが、現実問題、ちょっと風邪かな?くらいの気持ちと、コロナウィルス確定です!と言われた時では、一般の人が努力する程度は変わってしまうでしょう。そこを努力不足や意識不足と捉えるのは、性善説がすぎると思います。それに、ぶっちゃけてしまえばちょっと調子悪いくらいの医師だって多分大勢働いています。なんなら、当直明けの医師の100パーセントはだいたいちょっと調子が悪いので、それを全員休むように、というのは今の医療では無理でしょう(将来は目指すべきところですが)。

 

 ですので、私としては「自宅でできる簡易コロナウィルス検査(と簡易インフルエンザ検査)を流布しつつ、ただその結果が信頼のおけるものではないことをわかりやすく明記して使う」ことがベストなのではないかと思いますが、どうでしょうか。そうすることに、どのくらいの費用や労力がかかることはわかりませんので、コロナウィルスや、もしかしたら続く五輪中止に伴う不景気も考えますと、机上の空論なのかもしれませんが…1現場の医師としてはそう感じています。

 

f:id:ikopu:20200226125025j:plain

 

売店のイヤホン

 PCで仕事をしたり、ブログを書いたりしている時は、大抵何かの曲を聴きながらやっているわけですが。

 
 ここ2年くらいは、ずっとこのBose QuietControl 30というイヤホンを使っています。

 ヘッドホンだと長くつけていると、耳が疲れてしまいますが、イヤホンなら苦無く付けていられますし、ノイズキャンセリングがついているので、雑音に囚われず集中できるわけです。最大のデメリットは、首にかける部分のフィット感が、若干聴診器に似ているので、聴診器と間違えたままこれを首にかけて病棟に回診に行ったりしてしまって、「YOYOYO超絶ヒップホップ先生の回診タイムの始まりだぜ!」みたいな状況になることがあることです。

 

 でもまあ、概ね気に入ってずっと使っていたんですけど、ある日これを家に忘れてしまってんですね。その日はPC仕事を気合入れてやろうと思っていた日、ここにイヤホンが無いとなるとモチベーションはもうゼロとなってしまい、医局のソファーに吸い込まれてしまいなんと無く空を見つめ続けてしまいます。これはもうしょうがないので、病院のコンビニで売っている一番安価なイヤホンを買ったんですね。数百円くらいのものです。

 いざ、それをPCに接続して音楽を再生してみますと…。

「あれっ?これ、生でPCから音が出ちゃってる?あっ違う、ちゃんとイヤホンから、音が鳴ってるわ。びっくりした。びっくりするくらいのエアリー感、そこにあるわ」

 という状況になりました。

 イヤホンを付けているのに、イヤホンから聞こえてくるというより、その辺りに音がスピーカーから流れているような音質だったんです。イヤホン自体も超絶安価なやつらしく、めちゃくちゃ軽いから、耳に載せている感覚も軽くて、さらに重低音とか一切ないカラカラの音質が、なんだかPCから直接鳴っている時に音にそっくりだったんです。

 そしてそのままそのイヤホンで音楽を聴きながら、PCで作業をしていると、なんだか普段よりも集中できることに気がつきました。ノイズキャンセリングが無いから、周りの音やら、キーボードのタイプ音やら、すごく聞こえるわけですが、それが逆に集中できるというか。

 人間、自然体が一番集中できるわけで、ちょっとくらいの雑音が聞こえている環境のほうが集中できるのかもしれません。例えば無音の中で事務作業をずっとやれ、と言われたらなんだかゾッとしませんか?ノイズキャンセリングしながらの作業はそれに近いのかもしれませんね。

 でも私は、いい音で音楽を聞けるほうが、ちょっとくらい集中できないより嬉しいのでこれからもBoseを使い続けます。集中力よりも芸術性を求める私…めちゃくちゃカッコイイ…という話です。どやぁ…。

コロナウィルスが心配

 外来をしていると、「咳」「発熱」的な症状で来られる方は、やっぱり「コロナウィルスが心配で」とソワソワしておられます。

 そりゃあもう、お気持ちはわかるのですが、コロナウィルスの検査基準を満たす人はめったにいなくて、「コロナウィルスに罹っている可能性は否定できないんですけど、でも検査をする基準は満たしていないのでごめんなさい」と説明しますと、だいたいの方はそうでしたか〜となります。

 でも、時々やっぱり「そんな!私!コロナウィルスかどうかゲフゲッフ!知りたいんですゲフゲッフ!」と言われる方もいるのですが、それでも社会のために必要以上に検査をすることは出来ないのです…!と申し訳ない気持ちで断っています。でも、目の前であなたの咳を浴び続けている私もあなたと同じくらい、あなたがコロナウィルスに罹っているのかを気になっているんですよ…!と言いたいけど…言いませんけど…!

 簡易検査ができるようになるかもしれないという話ですが、それを求めて軽症のコロナウィルス感染者や、ただの風邪だった人が病院に集まってしまうと、病院の中でコロナウィルスが壮絶に広まっていく可能性が高いと思います。病院がクラスター製造所になってしまったら医療崩壊待ったなしです。

 そもそも治療薬がない病気なので、コロナウィルスだったとしても何もできませんので、とにかく社会が同じ意思を持って、「軽症なら病院に行かない」「でも辛かったら病院にいく」「手洗い」「不要に集まらない」で耐えるしかないんじゃないかなと思います。

 暖かくなったら収束するといいですね…。ちなみに、SNSではコロナウィルスは熱に弱くて36度で死滅するのでお湯を飲もう!というようなデマも広まっているようですが、それなら感染した瞬間に体温でコロナウィルスは消滅していくはずです。冷静なネットリテラシーも求められる雰囲気ですね…!

インチク

 今日は友人とボードゲーム大会に興じる予定でしたが、延期になりましたので、フワッとスケジュールが開いたこの瞬間を上手に使うしかないと圧倒的に意識が高い私です。そもそも、この3連休の前半は、仕事→仕事→と来ていたので、この3日目を華々しく色めき充実した最高のフィナーレにしてこの灰色の二日間を塗り替えるしか無い、そう思った私は考え決めました。よし!仕事に行こう!と!

 「じゃあ仕事行ってくるね」と三連勤を決めた私に、妻はそんなことだろうと思ってましたというような顔でした。「社畜じゃないんだよ…ちょっと気になるから様子みてくるだけだからね」となんとなく誤魔化すように言う私に、妻は言いました。「イコプの場合、社畜じゃなくて、隠畜だね」と。

 「えっ!?陰畜!?」

 陰畜…!?つまり、陰気な、畜生ということでしょうか。そんな非道い言葉を使うなんて!3連休を全て仕事に費やし、家庭を顧みない夫に対して、一見朗らかな様子であった妻は実は完全にキレ散らかしていたのでしょうか。戦慄が走りました。そうだった、俺はなんのために働いているのかって、それはもう家庭のためです。その本質を失いかけていた、珍しい3連休を投げ打ってまで、私は仕事に行くべきなんかではないのだ、他人ができる仕事は他の人に任せればいい、回診だって当番の先生に任せてしまえばいいのだから…すまない、妻よ…と思い拳を握り締め自ら顔面を殴りつける、というような心象風景を頭に浮かべていたところ、妻が「だって病院だから」と。

 「あっ院畜ね」

 ということで会社じゃなくて病院だから、社畜じゃなくて院畜ってことだったんですね!よかった!それなら妻の心に暗い影は落としていなかった!でも、これを機会に俺は忘れかけてきた大切なことを思い出せた気がするぞ!ありがとう妻!じゃあ元気よく、仕事に行ってきまーす!!!

 

【中華そば とみ田】のつけ麺を食べた

 以前、書いたような気がしますが、ラーメンヘッズというドキュメンタリー映画で題材となった「中華そば とみ田」というお店があります。ここ数年何かのラーメンランキングで一位をとり続けているという、ラーメン界の王様みたいなラーメン屋。ラーメンは最高に美味い食べものなのに、その中で最高と言われているとなると、その美味さたるやはかり知れぬ。

 ということで、死ぬ前に一度は食べてみたいなあと思っていたところ、東京に行く機会があったので、行ってきました、とみ田。本店は千葉らしいので、本店とのれんわけ店での違いがどのくらいあるのかはわかりませんが、とみ田であることには違いないわけで、喜び、いさんで入ってみました。

 濃厚つけ麺を注文。ラーメンが届くのを待っている間、食べ方の注意みたいなものを読みます。ふむふむ、まずは?麺をスープにつけず?そのままダイレクトで食べて小麦の味わいを楽しむ?すごい!プロっぽい!

 私はそういう、素材の味をまずは楽しむみたいな、プロっぽいやつが好きです。人生で初めて高いお寿司屋さんに行ったときに、舞い上がった勢いで「シャリだけをください」と注文し、コメだけを食べて「ほほう…さすがは名店のシャリ」みたいな空気を出して、変な客来たわ…みたいな雰囲気になったことがあります。しかし、あの時は20そこそこの学生であった私も、今となっては立派な大人!今なら、それなりのオーラをもって素材の味を楽しむことができる!

 

 f:id:ikopu:20200217115354j:plain

 出たぁ!

 その太麺は、若干褐色を称えて、小麦の風味が滲みでてる雰囲気。さっそく麺だけで食べてみます。もむもむ。あぁ!!!なんか!!!美味い気がする!!!小麦の風味がすごい出ている!気がする!!

 まあ、その雰囲気に推されて美味い気がしている可能性も高いのですが、とにかく甘味と旨味が滲み出ているような美味しい麺でした。そしてスープにつけて食べると、確かに!うまい!これが最高峰の美味さ!

 個人的には家の近所のつけ麺と互角くらいの美味しさだったのですが、たぶんそれは家の近所のつけ麺も言うなれば世界最高峰の美味さだったということなのでしょう。あと、個人的に餃子もとても美味しかったです。また東京に行ったときには行きたいと思いました。まる。

マイノリティはかっこいいとしたら

 マイノリティ、少数派は何と無くカッコいい。

 これは、人間は周りと違うことをすると普通は不安になるのだが、そういう人間のサガみたいなものを超越して、「俺は人と違うことをしていても怖くなんかないぜ」みたいな要素が出るからだ。孔雀の羽がめちゃくちゃ派手なほどモテるみたいな要素にも近い。飛び抜けることに耐える実力を持ち合わせているアピールになるわけだ。

 だが、多様性が進んだ現代に置いて、なかなかこのマイノリティをアピールするのは難しい。ちょっとマイノリティ気味な音楽、例えば突然デスメタルみたいな音楽を聴き始めて「俺、こういうオトしか頭に響かないんだよね」と言い張ってみても、いるよねそういう人…とむしろマジョリティに分類されてしまう。現代においては、完全にステレオタイプな人間のほうが珍しく、若干尖った部分があるほうがむしろ普通になっていて、それがアイデンティティの保護に役立っているところすらある。

 そんな中で、マイノリティをアピールする絶好の機会が今、訪れていることに気がついているだろうか。そう、それは、現代に突然舞い降りし圧倒的マジョリティの存在、「鬼滅の刃」だ。全国の単行本売上ランキングで上位を圧倒的に独占、そこらじゅうで鬼滅の刃キャンペーンが敷かれ、私のよく行くコンビニのレシートにも何と無く鬼滅の刃のイラストが表示されるようになった。妻は本屋さんで「鬼滅の刃が売り切れで途方に暮れていた少女を見かけ心を痛めた」らしい。これはもう圧倒的マイノリティ。鬼滅の刃に乗り込むことが日本人として必須な風潮。だからこそ!!今私は!!!鬼滅の刃を!!!読まない!!!

 同僚に「鬼滅の刃面白いですよね」と言われても、「あ、ごめん俺読んでないんだ…あんまり、興味持てなくってさ」と節目がちに呟く!これだけで!これだけで私からは圧倒的マイノリティの格好よさが匂い立ち、こいつは世界に一切流されることなく自分の足で歩いている、道無き道を切り開く剛力の持ち主であるぞと示すことができるのである!そうさぼくは世界に一つだけの花!ナーンバーワンにならーなくてーもいい!もともーとナーンバーワーン!!

 でも奥さんがAmazonプライムでみて面白かったらしいので、近いうちに見る予定です。

 

 

 

コロナウィルスとMP管理

 コロナウィルスの感染者が出てしまったというクルーズ船、ダイアモンド・プリンセスのニュースが時々報道されています。

 検疫で感染者が新たに確認されたため、さらに14日間の船舶留置が決定したとのこと、船から降りられず船舶に取り残された方々の絶望やいかなるものか、と察します。が、ネットで見てみたところ一泊5〜10万円の高級クルーズの様相で、ということはこれに14日間追加したら本来100万円のところに!強制収容!仕事も当然できないし!ええっと、いや、絶望やいかなるものか、と察し……ます……とも……

 しかし、やらねばならぬことがある方もいるでしょうし、定期薬が切れてしまったり、病院受診などの問題など出てきているようで、本当に困っている方も多いようです。何より、病原性がはっきりわかっていないウィルスが蔓延していくかもしれない閉鎖空間に残される恐怖というものは、やはり想像できない圧迫があると思います。

 今広まっている情報をみますと、感染症の専門家たちは「それほど驚異的なウィルスではない」と伝えていて、マスコミはそれに比べれば恐怖を煽る報道が多くて、政治家たちはその民衆心理につけ込むように「もっと厳しく対応すべきだ」とアピールをしている様相に思えます。

 医療が無限にリソースがあれば良いと思うのですが、医療も底があるものなので、あまりパニックになってやりすぎると、すぐリソースが枯渇して大変なことになります。ドラクエをやっている方ならわかるかもしれませんが、例えばスライムと戦っているときに、怯えてベホマズンを連発していたら、すぐにMPが無くなってしまうじゃないですか。防御力の低い魔法使いが攻撃されて死にそうになったときに、MPがもうゼロでしたーでは魔法使いが死んでしまいます。なので、敵が実は弱かったり、戦士が殴られているだけの状況であれば、そこはホイミなり、何もしないなりで十分なわけです。

 そこのMP管理のために、敵はどのくらいの強さなのか、こっちの防御力はどうなのかを冷静に見極めていく必要がありますね。まあそれが一番難しいことなのですが。なお、私はゲームでは白魔道士やら僧侶をやることが多いのですが、仲間のHPが減ると大慌てて回復を連打しすぎてMPが速攻なくなるタイプです!